すずき歯科医院は、武蔵小山・西小山どちらからも徒歩5分の所にあります。
24時間診療予約

メールでのお問い合わせ

0337889871


【診療時間】10:00~13:30/15:00~20:00(水・土は19:00まで) 【休診】木曜・日曜午後・祝日

ブラキシズム

      2018/09/29

ブラキシズムと言う言葉をご存知ですか?

ブラキシズムとは歯ぎしり 噛み締め 歯をカチカチ先端で接触させたりなどを無意識に行ってしまう事です。

それらの自覚症状にご自身でお気付きになられてる方は成人の約2割位と言うデータが出ています。

ブラキシズムがあるとどんな症状がおきるのか?

ご家族の方に夜中に歯ぎしりしていると言われる

歯の先端 咬合面が磨り減っている

朝、起床時顎が痛い

顎がガクガク鳴る

上顎の中央や顎の下の前歯の舌側に硬く出っ張っている所がある

詰め物が取れたり割れやすい

冷たい物がしみる

など色々な症状が起きます。

ブラキシズムの原因は解明されてませんが日中の強いストレスや疲れや噛み合わせが悪かったりする事が要因の1つと言われています。

対処法としてはお休みになられる時にマウスピースを装着して頂く事を推進してます。
当医院では保険診療でお造り出来ます。

マウスピースの効果を高めるために、ご自身で出来る対処法としては舌の筋肉を鍛える事も有効なんです。
舌の筋肉が衰えると舌の位置が下に下がってきてしまいます。

ご存知の方は少ないと思いますが舌の正常な位置は上顎の中央辺りに舌の先端が着いた状態が正常な位置です。

なるべく日中意識して上顎の中央に舌を置く癖をつけたり、舌を前後左右に動かし舌の筋肉を鍛える事もとても有効な方法です。

舌の位置が上にある習慣がつくと自然と顎の周りの筋肉の緊張が解け強く噛み締められなくなるので顎の周辺にストレスがかかりにくくなりますので是非お試しになって下さい。

衛生士 高井


すずき歯科医院サイト:https://www.dental-suzuki.com/

〒142-0062 東京都品川区小山5-6-9 アーバニティ武蔵小山1F
東急目黒線西小山駅・武蔵小山駅より徒歩5分

診療時間:10:00〜13:30/15:00〜20:00
休診:木曜・日曜午後・祝日


TOP