すずき歯科医院は、武蔵小山・西小山どちらからも徒歩5分の所にあります。
24時間診療予約

メールでのお問い合わせ

0337889871


【診療時間】10:00~13:30/15:00~20:00(水・土は19:00まで) 【休診】木曜・日曜午後・祝日

歯周病治療

    歯周病は自覚症状も少なく、知らないうちに進行する

    歯周病

    歯周病は歯垢や歯石が溜まることで歯周病菌が増え歯を支える骨が壊されてしまう病気です。歯周病の軽度な症状が歯肉炎であり、歯周病は自覚症状も少なくじわじわと歯ぐきや歯を支える骨を蝕んでいきます。歯がグラグラになってくると骨も溶けていてさらに放置すると土台の骨もなくなり歯が抜け落ちてしまいます。

    日本人の多くが歯周病予備軍?!

    日本人の約8割が歯周病予備軍であり、45歳以上の成人が歯を失う原因の第一位が歯周病と出ています。また、歯周病は口内だけの影響にとどまらず全身への影響もあります。歯ぐきからの出血や口臭、歯のぐらつきがある場合はいつでもお気軽にご相談ください。

    歯周病の進行と治療法

    歯肉炎 歯周病

    歯ぐきが腫れ歯みがきをすると出血することがあります。プラークや歯石を取り除きます。


    軽度歯周炎 歯周病

    歯ぐきの腫れが目で確認でき歯周ポケットの深さが約3mmまで深くなります。時間をかけてプラークや歯石を除去します。


    中等度歯周炎 歯周病

    歯ぐきから歯が伸びたように見え、歯周ポケットは約4mm~6mmまで深くなります。歯もグラつき固い物はかめなくなるなどの支障が出ます。歯ぐきを切開してプラークや歯石を除去します。
    ※歯ぐきを切開しない場合もあります。


    重度歯周炎 歯周病

    顎の骨が半分以上溶かされ歯周ポケットは約7mm以上になります。歯のグラつきも激しく歯が抜け落ちることもあります。外科手術で再生治療を行う場合があります。


    歯周病と全身疾患の関係

    歯周病

    歯周病は全身疾患と深い関わりがある病気です。どのような疾患があるのでしょうか。

    肺炎

    歯周病にかかると唾液に多くの歯周病菌が入り込んでいてその唾液が気管に入ってしまうと炎症を起こし肺炎になる可能性があります。

    糖尿病

    糖尿病になると免疫機能が低下します。そのため歯周病にもなりやすくなります。歯周病になると糖尿病を悪化させます。

    心臓疾患

    歯周病菌が血管に入り込むと血管内に血栓ができやすく心筋梗塞や動脈硬化を引き起こします。

    早産

    歯周病菌が体内に入り込むと陣痛に似た収縮を引き起こします。妊婦さんには大変辛い症状であり早産や低体重児出産の原因につながるおそれがあります。

    歯周病チェックをしてみよう!

    歯周病は自覚症状がないまま症状を悪化させます。チェック項目に当てはまる人はこれを機会に一度歯周病検査を受けてみることをおすすめします。

    1:朝起きるとお口が粘つく
    2:歯はきちんと磨いているが口臭が気になる
    3:歯みがきのときに歯ぐきから出血したことがある
    4:疲れたときなどに歯が浮いた感じがする
    5:お口の中がいつもネバネバに感じる
    6:歯ぐきが赤黒くなっている
    7:かむと痛みを感じる
    8:歯がグラグラする
    9:歯を丁寧にみがいていない
    10:家族に歯周病の方がいる
    11:お薬をたくさん飲んでいる
    12:妊娠している方が家族にいる

TOP