すずき歯科医院は、武蔵小山・西小山どちらからも徒歩5分の所にあります。
24時間診療予約

メールでのお問い合わせ

0337889871


【診療時間】10:00~13:30/15:00~20:00(水・土は19:00まで) 【休診】木曜・日曜午後・祝日

歯科用CT

    3次元撮影でより的確な診断が行える歯科用CT

    CT

    歯科用CTは、コンピュータ上で骨を再現できるので、従来のレントゲンでは分からなかった、骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に確認できます。また、輪切りにした断層画面を撮ることもできるので、患者さんに病状の進行具合を詳しく把握していただけます。

    被ばく量も少ないので患者さんへの負担も最小限におさえることができます。特にインプラントの治療に欠かせない検査の1つです。

    歯科用CTと医科用CTの違い
    ・被ばく量が医科用CTの約1/10で患者さんに与える影響を減らします。
    ・歯の中、骨の中と撮影範囲が広く医科用CTをはるかに超える約5倍の情報を得ることができます。
    ・座って撮影できるので画像が乱れることなく約10秒で撮影できます。
    ・セッティングから撮影まで約10分でできます。

    歯科用CT導入で治療の診断が向上します

    CT

    本来使用していたレントゲンとは違い立体的に撮影ができるので、神経の位置確認やどのように生えているかを患者さんと一緒に把握できます。この歯科用CTは骨密度を測ることもできます。当院では高度な技術ができる環境を作り安全性も兼ね備えて治療いたします。

    インプラント

    インプラントの手術の前の検査、埋入の位置確認、術後の状況を見た目ではなく中までしっかりと確認できます。

    親知らず

    親知らずを抜歯する時に埋まっている位置を確認し勘に頼らず正確に歯を抜くことができます。

    歯周病の診断

    歯根の先まで画像に映し出されるためより詳しく診断できます。

    歯科用CTを院内に設置するメリットは?

    CT

    歯科用CTが設置されていないと大学病院や提携病院での撮影が必要になるので、患者さんとの日程や足を運んでいただく手間がかかります。当院に設置することで紹介状料などのコストや撮影のための通院時間を抑えることができます。CT撮影は保険適用外になりますが治療を確実にするため大変役に立ちます。撮影を希望される場合は、お気軽にお申し出ください。


    歯科用CTメリットのまとめ
    ・見にくいところや肉眼では見えない部分をしっかりと確認できます。
    ・大学病院や提携病院に行かなくても撮影できます。
    ・費用と移動の手間を抑え、患者さんの負担を減らします。
    ・撮影時間は約10秒で大変短いです。
    ・難しい手術も可能になります。


TOP