すずき歯科医院は、武蔵小山・西小山どちらからも徒歩5分の所にあります。
24時間診療予約

メールでのお問い合わせ

0337889871


【診療時間】10:00~13:30/15:00~20:00(水・土は19:00まで) 【休診】木曜・日曜午後・祝日

自由診療について

    自由診療とは?

    自由診療

    歯科治療には、健康保険を適用する保険診療と保険適用外の自由診療と2種類あります。銀歯を被せる一般的な歯科治療は、保険診療が適用され、セラミック素材を使った審美治療や、歯を白くするホワイトニングは、保険が適用されませんので、どうしても治療費が高くなります。

    治療費だけを考えれば、保険診療の方が魅力的ですが、見た目の美しさや、耐久年数など、さまざまな角度から検討すると、自由診療の方を受けたいと思う方がいらっしゃると思います。その場合は、ぜひ、自由診療をご相談ください。

    保険治療と自由診療の違い

    自由診療 素材の種類

    被せものに使う接着剤にもたくさん種類があり保険診療の場合は唾液により溶かされていきます。結果的に隙間から細菌が侵入し再度むし歯になることがあります。自由診療にすると耐久性に優れた接着剤を使用しますので隙間から細菌が侵入することを防ぎ長く使用することができます。被せもの素材もさまざまあり自由診療ではセラミックという審美性が高いものが多く使われています。

    型取りの方法

    保険診療での型取りは寒天印象材という材料を使いますが精度があまりよくなく仕上がりにも影響が出ます。歯ぐきの詰め物の間に隙間ができ細菌が侵入することでむし歯になります。

    自由診療では主としてシリコン印象材を使用しますので制度も高く隙間のない仕上がりになります。詰め物に使う接着剤も少なくなるので歯ぐきに馴染みやすく優しい治療を行うことができます。

    技工士による作り方

    保険診療の場合被せものに対する保険報酬が低いためどうしても時間をかけずに作ることになります。自由診療では報酬が高いため手間をかけて作ることができます。

    保険診療と自由診療どちらか選ぶことができます

    自由診療

    保険診療は国民の誰もが受けることのできる診療であり負担を軽くする方法です。自由診療は費用がかかることになりますので強引にはすすめることがありません。保険診療で十分な治療ができる場合もありますので必要な場合はお気軽にご相談ください。


TOP