すずき歯科医院は、武蔵小山・西小山どちらからも徒歩5分の所にあります。
24時間診療予約

メールでのお問い合わせ

0337889871


【診療時間】10:00~13:30/15:00~20:00(水・土は19:00まで) 【休診】木曜・日曜午後・祝日

徹底した滅菌システム

    安全・衛生管理を徹底しています

    滅菌

    歯を削る器具を滅菌しないまま多くの患者さんに使いまわしていたというニュースが報道され不安に感じた方も多くいると思います。そんな不安を持っている患者さんにもご理解いただけるよう、当院で衛生管理がどのように行われているかをご紹介します。

    2台の滅菌器を導入 滅菌

    感染予防を徹底するため、2台の滅菌器を導入して滅菌しています。熱や圧力に耐えられるものは手洗いをしてから高温、高圧で滅菌します。完全滅菌することは感染予防だけではなく治療後も良くなることが期待されます。

    ハンドピース(タービン)の大量導入

    ハンドピースを大量導入することで患者さん一人ひとりに対して完全滅菌のものを使用することができます。使用後は滅菌器で滅菌します。患者さんに使いまわしは一切しておりません。
    ※ハンドピースとは、タービンといわれる切削器具。お口に入るキーンと音のする削る機械です。

    滅菌パック 滅菌

    完全滅菌された器具が滅菌パックに入れられています。治療する前に滅菌パックから取り出します。

    可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底

    滅菌器で処理できないような前掛けや手袋は使い捨てできるものを使用しています。そうすることで接触感染や院内感染を防ぎます。

    傷口が感染しないことが治療成功のポイント

    滅菌

    特にインプラント治療などにおける口腔外科治療は外科処置と同じく清潔な環境がとても大切です。当院では、インプラントに伴う外科的処置を清潔な環境下で行うよう衛生管理を医院内で実施しております。

    器具は滅菌された袋を取り出しセットするだけの状態で治療を行っています。そうすることで時間もコストも無駄のない治療をすることができます。


TOP